2008年07月12日

ぶらりと里山

涼しい風を求めて近場の里山に・・・(^^)

20080712_009.jpg

青一色の風景ですが、一応、雲仙普賢岳。

海と対岸の普賢岳を右手に見ながら歩いていると、マタタビの白くなった葉が目に入ってきました。先週はあまり気づかなかったな〜

20080712_016.jpg 20080712_017.jpg
マタタビ

お目当てのアサギマダラは一匹だけ飛んでるのを見ただけで、花に群れているのはイシガケチョウ・・・このチョウ・・・この山にこんなに多かったっけ?

20080712_023.jpg
イシガケチョウ

市街地ではもう終わりかけのネムノキが、今一番の見頃。

20080712_056.jpg

足元のタンポポにはベニシジミと・・・初撮りのスジグロシロチョウ。翅を開くと黒い筋が目立つのだけど、全然開いてくれなくて、モンシロチョウと区別がつかない…(;^_^A けど・・・スジグロシロチョウ(笑)

20080712_099.jpg 20080712_075.jpg
左・ベニシジミ 右・スジグロシロチョウ

空は乱舞するトンボでいっぱい・・・いっぱいいても飛んでるとカメラでとらえるのは不可能・・・やっと、ちょっと色気がないけれど、電線に止まったトンボが写せました。止まる姿から判断すると、ナツアカネかアキアカネのよう。

20080712_061.jpg

オカトラノオが咲き始めていて、優雅な曲線の白い花穂が、緑の中に点在していました。

20080712_102.jpg 20080712_108.jpg
オカトラノオ

杉の植林地の林床で見つけた小さな黄色い花は・・・コナスビ。

20080712_119.jpg
コナスビ
posted by ruby's paw at 17:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道でも車で走ると 山端を白く彩るマタタビを多くみかけました。
人間も蝶々も虫も 無意識に惹き付けられるテクニックですよねえ〜(^_^;)
少し涼しい気分を味わえましたか??

で、ネムの木が自然の中にあるのっていいですよね〜(^・^)
神戸では街路樹として植えられてたので
子供ながらに ちょっと中華の妖艶なおねーさんを見るような気持ちで
花をうっとり眺めていました。
Posted by 0-chan at 2008年07月14日 12:01
このマタタビの葉っぱ、不思議ですよね〜
それまで他の緑と区別つかなかったのが、
いきなり目立つ存在になりますもの。
0-chanさんちの近くにもありそうね。

そういわれるとネムノキのピンクって、チャイニーズっぽいですね。
さすが、中華街のある街で育った0-chanさんならではの感性ですわ♪
Posted by ruby's paw at 2008年07月14日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102721078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

イシガケチョウのオス
Excerpt: イシガケチョウが庭にいた。羽を広げてとまっていたので、一瞬「ガ?」とか「弱ってる
Weblog: えふ流パパサウルス
Tracked: 2008-07-13 10:38