2008年09月22日

秋の花はスローペース

暑さ寒さも彼岸まで・・・の言葉どおり・・・今日は日差しはタップリでも爽やかな秋晴れです。花たちも、そんな気候の変化をちゃんとキャッチして、新芽を吹いたエブリンには小さなつぼみ・・・がんばってるね〜

20080922_7532.jpg
エブリン(ER)

小さなポッチだったイトラッキョウのつぼみも、ふくらんできました。

20080922_7533.jpg 20080922_7542.jpg
イトラッキョウ・・・左画像は、去年も同じ頃、同じアングルで撮ってた気がします(^^;)

劇的に変化する春の花と違って、秋の花はスローペース。これから先、じっくり時間をかけて花開きます←いらちな自分に言い聞かせてる私(笑)

エブリンとイトラッキョウの写真を撮り終えたとこで、タカノハススキに黒い丸い物体がいるのを発見。テントウムシ・・・アブラムシ退治、がんばってね〜

20080922_10945.jpg
ダンダラテントウ?・・・見慣れない柄に、何テントウムシかと調べたんですが…
posted by ruby's paw at 14:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一瞬 ダラダラテントウかと思っちゃいましたわ〜(笑)
ダラダラしないで せっせとアブラムシ食べなさいよぉ〜!(^◇^)

で、イトラッキョウ ココからが長いんですよね〜;
ウチも まだまだ蕾が固いです。
でも咲いてからも長いので 嬉しい花ですよね♪
Posted by 0-chan at 2008年09月23日 00:15
私もあやうく「ダラダラ」とタイプしそうに(^^;)

そうなの、これからが牛歩なのよね〜
あと一ヶ月くらいはかかるかにゃ?
でも、待った分、咲いた時の喜び、ひとしおですもんね〜(^^)
Posted by ruby's paw at 2008年09月23日 14:15
ダンダラテントウは、うちの周辺で見たことがありません。素敵な柄(模様?)ですね。
Posted by オニポン at 2008年09月23日 20:43
ダンダラさんは南方系のテントウムシのようです。
本州にも生息してますが、北の方は少ないかもしれませんね〜

黒光りする甲の肩に赤いライン、
画像では写ってないけど、背には赤丸が二つ、
漆器を思わせるようないい柄行でした。
Posted by ruby's paw at 2008年09月24日 13:13
去年もrubyさんのとこでイトラッキョウを見て
そりゃなんじゃとググたような?
確か長崎か何処か限定の特産種でしたよね?

ネギ属の花って蕾が開くのに時間がかかりますよね。
遠くまで撮影に行くときは何回も足を運んでしまうことが多くて(T-T)
Posted by アップル at 2008年09月25日 07:46
そうそう平戸のご出身です(^^)

ネギ属はノンビリ屋さんなんですね〜
ウチのイトラッキョウ、私の忍耐力を試してるのかしら(^^;)

フィールドでの撮影は、
開花期と合わせるのが難しいですもんね。
アップルさんの通いの結果を、
いつも楽しませていただいてます♪
Posted by ruby's paw at 2008年09月25日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック