2008年09月24日

雲南姫竹

雲南姫竹という名前だったと思うんですが、数年前に山野草展でゲットしてきたポリポット植えのチビっ子が、こんなにワッサーとなりました。冬も葉を落すことがないので重宝してます。この雲南姫竹、素性をはっきり知りたいと調べてみても情報量が少なくて・・・いったい何者なんでしょう?

20080924_7558.jpg
雲南姫竹
posted by ruby's paw at 13:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雲南省のご出身なんでしょうね。
強くて美しいはずです(ほんとうか?)
いいなあ〜
Posted by ナルミ at 2008年09月24日 18:46
>雲南省のご出身
・・・だろうとは思うんだけど〜(^^;)
で、その強くて美しいはずってのの、根拠は?(笑)

いいでしょコレ♪
微風でもサワッと揺れて、
置いてある玄関先で、いい雰囲気を作ってくれてます〜
Posted by ruby's paw at 2008年09月24日 20:32
雲南省出身 イネ科メダケ属とありましたよ〜;;
http://www.lilliput-online.jp/shopping/product/plants/80063.asp
とってもフワフワして いい風情ですよね〜♪
大好きです(^・^)
Posted by 0-chan at 2008年09月25日 11:23
0-chanさん、ありがとう〜♪
素性が分かってすっきり!
お礼にちゅう〜あれぇ逃げないでぇ(笑)

風を捉える草って、なぜか好きなんです。
フウチソウは冬枯れちゃうけど、
これは常緑のまま。
耐寒性がもちっとあれば(←リンク先で確認)、
0-chanさんちに強制送付するんだけど〜
Posted by ruby's paw at 2008年09月25日 17:51
草物をコンテナ入れにするのって素敵ですね。
原産がほんとに雲南省でますます素敵に思えますね。
雲南省って色々魅力的な土地で一度行ってみたいと思っています。
花を中心に名前を覚えるので草物はなかなか属名も知りませんが
最近は草物にそそられる物が多いので少し調べなくっちゃと思っていました。
メダケ属は日本庭園に限らずよく庭に入れられているのでこちらでも手に入るかも?
Posted by アップル at 2008年09月26日 22:52
今のアップルさんとこの環境だったら、我が家とすごーく似てるから、
この雲南姫竹、うまく育ちそうですよ〜
山野草扱いされてる日本より、
かえって、そちらで、グラスとしてポピュラーに扱われてたりして。

雲南省は、かつて、プラントハンターの活躍したとこなんですよね。
今のイングリッシュガーデンで使われてる植物の多くが、
チベットや雲南省、四川省の出身だそうです。
私もいつかは行ってみたい場所です。
で、アップルさんと一緒に、
写真撮りながらのトレッキングできたら、最高でしょね〜(*^^*)
Posted by ruby's paw at 2008年09月27日 15:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック