2008年10月25日

影絵

秋の陽は長く軒下に射し込んで、つるべ落としのそのひと時に、壁に影絵を映し出します。

20081024_11706.jpg
10/24・・・夕刻
ラベル:写真 影絵
posted by ruby's paw at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほぉ〜いい感じですね。
影絵といえばキツネとか思い出しますが。
こんな所に気づくなんてステキです。
わたしも探してみます。
Posted by ナルミ at 2008年10月25日 20:57
うん、いい感じ〜。
葉ずれや、なぜかせせらぎの音まで聞こえてきそう(笑)。
10月24日、私のお誕生日なのですよ。
こんな素敵な風景が見られる日だなんて、よそのおうちだけど、なんだか嬉しい^^。
Posted by 銀 at 2008年10月26日 10:42
◇ナルミさん
ね、なかなかでしょ〜♪
「物思う秋」に私の視線がなってたのか、
何気ない景色に風情を感じました。

そうそう、手でキツネを作って障子に映しましたっけ。
私の得意技はキツネ…っつうか、他のができなかったような(笑)
Posted by ruby's paw at 2008年10月26日 12:31
◇銀さん
むふふっ…いい感じですか…うれしい〜♪
もうすぐお日様が隠れてしまうという、
ほんの一瞬の影絵です。
想像力が刺激される、こういう絵が撮れると、
写真っておもしろいな〜って思います。

お誕生日だったんですね〜♪
おめでとうございます。
銀さんは秋の生まれなんですね〜
私のイメージ(←勝手に想像(笑))どおりです〜(^^)
Posted by ruby's paw at 2008年10月26日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック