2009年12月06日

ミズゴケの山に立ち向かう!

20091206_16773.jpg

今年もまた、この季節が巡ってきました。ビニール袋(大)いっぱいのミズゴケの選別。春先、毎年新しくする着生ランの植え込み材のミズゴケを、今の時期に準備。このミズゴケとの格闘が12月の我が家の風物詩(笑)
ラベル:写真 ミズゴケ
posted by ruby's paw at 17:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

生ミズゴケですよね。
ビニール袋いっぱいって、栽培しているんでしょうか?
私もほしいと思っていて探していましたがなかなかみつけられなかったんです。
いただきものが少しだけあるのですが、これが増えないんです。
マコデスやネペンテスとかに使いたいんですが。
Posted by tama at 2009年12月06日 23:33
生で〜す。栽培品だと聞きました。
こちらにはフウランの愛好会があって、
その元会長さんがたまたまご近所で、
その方が一緒に取り寄せてくれるんです。
tamaちゃんち方面に、
フウランやセッコクなどの着生ランの愛好会、ないかな〜
あれば、そこからのルートで入手できると思うんだけど、どうだろう?
Posted by ruby's paw at 2009年12月07日 23:16
へ〜。
袋入りで売ってる乾燥したミズゴケしか知りませんでした。
苔玉を作るときに少し使ったことがあるだけです。
そうか、生もありますよね。
当たり前なのに、考えたこともなかった!
生ミズゴケ、選別は何を基準にやるんですか?
Posted by 銀 at 2009年12月08日 00:45
なるほどねー。

ネットで売っているのは新聞紙大の大きさのミズゴケ。それほどは要らないし…とか思っていたんだけど。
田んぼで栽培しているものの販売らしく、もう少し探してみま〜す。

ありがとうございます。
Posted by tama at 2009年12月08日 13:26
◇銀さん
九州だとちょっと高めの山になるけど、
ミズゴケが自生してるとこもあるんですよ〜

ミズゴケは、交じってる枯れ葉や草を取り除いて、
それから長短で分別。
長いのを選って、植え込みの最後の仕上げ用にします。
こないだからがんばってるけど、山がちっとも減りましぇん(汗)
Posted by ruby's paw at 2009年12月08日 21:17
◇tamaちゃん
うん、いろいろ当たってみれば、
思わぬところからってのもあるかもしれないね〜
テラリウム関係なんかはどうだろう〜
Posted by ruby's paw at 2009年12月08日 21:44
こんばんは〜

ひさびさ検索してみたらありました♪
小さいやつ、お試しで買ってみました。
お騒がせいたしました。m(_ _)m

水苔のごみとり大変そう。がんばってくださいねー。
ところで、これから春まで保管はどうするのでしょ。
Posted by tama at 2009年12月08日 22:47
あって、よかったね〜♪

毎日ちまちまとやってるんだけど、
ちっとも嵩が減らない。
でも、これを片付けないと、
リビング中に連日ミズゴケのカスが舞い散る状況だし。
がむばる!!!

着生ランの植え込みに使う時は生じゃなくていいので、
通気性のいいメッシュのトレーに入れて部屋の中に積んどきます(笑)
Posted by ruby's paw at 2009年12月09日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック