2010年10月12日

清正公ゆかりの寺

鳥見ついで(これこれ(笑))に、しばらく足を運んでいない、加藤清正を祀った本妙寺を拝観。山の中腹にあるお寺は、駐車場が下にもあるんだけど、迷わず一番上をチョイス(笑)・・・もう本殿の横!・・・だけどその上の、展望のいい公園をまず目指します。

20101011_082.jpg

この勇壮な姿の銅像の前はちょっとした広場になっていて、東屋からは市内が一望に。

20101011_105.jpg

東屋から撮ったこのお寺の山門・・・かなりの距離だ〜・・・画像上を横切るのが新幹線の高架。

20101011_071.jpg

銅像の背後に回ったら、裏の山に通じる階段・・・基本的に山があれば登るタイプなので、行ってみる!

20101011_086.jpg

大きな岩がゴロゴロのワイルドな遊歩道・・・そのまま本格的に山へと続いていそうな道に、さすがにスニーカーではムリっぽいし時間もないしで、引き返します。

20101011_089.jpg

それにほら、登り口でこんな看板を目にしてるし。

20101011_112.jpg

道すがら、秋の花のヒヨドリバナが満開♪

20101011_076.jpg

さてさて本殿!・・・日蓮宗らしい?構えのお寺です。

20101011_113.jpg

7/23には頓写会といって、加藤清正の追善供養の法要が行われます・・・参道にずらっと夜店が並び、それはそれは賑やか・・・昔々、浴衣を着て来たことがあるけど、まあ暑かったなんてもんじゃないし、下駄の鼻緒は素足に痛いしで、ほうほうの態で帰宅したという、とてもステキな思い出が(笑)

20101011_146.jpg

境内から門を・・・すごい歴史を感じる。

20101011_138.jpg

横にある小さな門もなんとレトロ!

20101011_136.jpg

朱塗りの板塀も風雨にさらされたままに。

20101011_149.jpg

鐘楼・・・たぶん、我が家で朝夕聞こえるのはこの鐘だと。

20101011_145.jpg

一応境内のチェックが済んだ(笑)ので、門を出て表に・・・目の前には真っ直ぐに下る石段・・・真ん中には石灯籠の列・・・途中に黒猫さんが休んでるの、分かるかな?

20101011_128.jpg

石段の右手には常夜灯の櫓。

20101011_131.jpg

左手には旅籠という感じの、古い、由緒ありそうな旅館・・・かつては参詣の、遠来のお客さんが多かったんでしょう。

20101011_133.jpg

そうそう、最後に門の正面を。

20101011_116.jpg

・・・撮影は全て10/11・・・
posted by ruby's paw at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱ銅像と同じポーズで記念撮影しなきゃね。
それにしても、街はスゴイ渋滞ですこと;
イノシシ出没注意の看板もこっちではきっと熊出没注意(笑)

ところで、ヒヨドリバナってのが気になった!?
ヒヨドリって・・・あのヒヨさんなのかに?
なんでヒヨドリバナなのじゃ〜???

ほほぅ
ここでお祭りがあるんだね。
あっ!ruby's pawさん、ruby's pawさん
歩き疲れてノド乾いたからラムネ買って
ほら、ラムネの旗でてるよ。
ん〜 甘酒もいいねぇ(笑)

本日は歴史を感じるお散歩でしたにゃ
Posted by らーやん at 2010年10月12日 21:28
撮影したかった!
でも、槍になりそうなものが見つからなくて(笑)

新幹線高架下が鹿児島本線で、
ちょうど電車が走ってたから踏み切りで車が止められてたみたい。
普段は渋滞とは縁のない、のどかな地方都市です。
だって、イノシシだって出るんだもん(笑)
ほんと、そっちならクマさんだよね〜

これこれらーやんさん!ラムネか甘酒か、どっちか一つにしなさい!(笑)

ヒヨドリが鳴く頃に咲くからヒヨドリバナらしいよ〜
ヒヨドリはその地に留まるのもいれば、
冬越しに暖地に移動するのもいるんだって。
そういえば、この頃は、ヒーヨヒーヨと、一段とやかましい(笑)
Posted by ruby's paw at 2010年10月13日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック