2011年01月18日

迷彩のレンズカバー

久しぶりにミシンかたかたさせて、こんなものを作ってました・・・迷彩のレンズカバー。ボーグのレンズは白・・・ちょいと目立つので、迷彩でカモフラージュ。素材は家人の着古しの迷彩カーゴパンツ・・・解いてチョキチョキして、レンズのサイズにジャストフィットするようダーツも取りました・・・自分用と家人用、2セット作ったよ〜

20110118_007.jpg

・・・変身前の姿はコチラ・・・
posted by ruby's paw at 17:36| Comment(11) | TrackBack(0) | 針仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い!凄い!綺麗に出来たね。
ついでに、目出し帽も作れば良かったのに。
Posted by いくら at 2011年01月18日 21:45
目だし帽!
そっか…作れるかもしれない(笑)
でも、着古しのコットンじゃ防寒の役に立たない〜

着せるタイプだから、キチキチでありながらもそれなりの余裕という、
矛盾する条件をクリアさせるのにちっとばかし苦心いたしました。
寒さで働かない脳細胞をむりやりフル稼働させてがんばったぞ〜
Posted by ruby's paw at 2011年01月18日 22:30
これすごいですよね。
スェット地には伸びるイメージがあるけれど
実際はそんなでもなかったりするんですよね。
超望遠レンズに程よくフィットさせようとするとダーツが必要だったのね。
キャップのふちにぴったりの長さ、すごい!

目に触れないものソーイングが専門の私は、
スエットはミシンケースのカバーに使っています。
Posted by くらまま at 2011年01月19日 08:12
やっぱりレンズの長さが凄い!
それに、なんとまぁ、
ピッタリにコットンをフィットさせて。
細やかさがここにも^^。
Posted by tama at 2011年01月19日 10:22
ホント!すごいすごい!!
ぴったんこや〜

裏側をフリースの2枚仕立てにするとかで
目出し帽も作れちゃうんじゃない?
さあさあ、旦那さまのフリース脱がせちゃえ(笑)
Posted by らーやん at 2011年01月19日 15:35
続投ごめんね。
そうか、カーゴパンツってことは伸縮生地ではない!
ますます脱帽です!!
Posted by くらまま at 2011年01月19日 18:59
◇くらままさん
速攻で訂正が入るなんて、さすがくらままさん♪
スウェットじゃないけど、綾織っていうのかな、
普通の平織りのコットンよりは生地が伸びるので、なんとかなりました〜

くらままさんのインナーポット作り、
私もまねっこしようと思っとります。
Posted by ruby's paw at 2011年01月19日 20:44
◇tamaちゃん
うふふ…しっかと採寸しましたもん。
生地の厚みを考慮した上で、
レンズに被せれるだけの余裕を持たせなきゃならないから、
そこが難しかったけど、今回は机上の計算がそのまま通用した〜
こーゆーこともあるんだね〜(笑)

Posted by ruby's paw at 2011年01月19日 20:56
◇らーやんさん
自分でもあまりにぴったんこでおどろいた(笑)

これこれ、その気にさせたらあきまへん!(爆)
Posted by ruby's paw at 2011年01月19日 20:59
お騒がせしました。(^^ゞ

不織布のインナーポットは、根っこが回ってしまった場合には、
ビニールポットのようにすっぽりと抜けないところが弱点なの。
バラでしか経験がありませんが、
不織布の繊維にからまった細根をバリバリと引き千切る具合になります。
バラはそれでも大丈夫ですが、
根っこの繊細な植物には向いていないかもしれませんよ。
Posted by くらまま at 2011年01月19日 22:15
くらままさん、詳しい補足をありがと〜
植物を選べばいいんだね。
参考にしま〜す。
Posted by ruby's paw at 2011年01月20日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック