2006年09月11日

霧雨の湧蓋(わいた)山

日曜日、久しぶりに山に行ってきました。九重連山近くの独立峰、湧蓋山です。筋湯から登ってハゲノ湯に下るコースで、目的は秋の草花。あいにくのお天気でしたが、たくさんの花に出会えました。
しょっぱなから雨で、こりゃぁ、へたすると麓の温泉でプチ湯治---足の筋肉を傷めて整形外科通いだし、それもまたいいか(そんな状態で、普通、山登りするかぁ?)---ってことになるやも・・・だったんですが、登山口に着くと、だいぶ雨が弱くなってきました。カッパは必須です。背丈ほどあるミヤコザサやススキを掻き分けて進むと、サイヨウシャジンやワレモコウ、それにサワヒヨドリなどが出迎えてくれます。ぬかるんでる足元に注意力80%、残りの注意力を草花に集中させます。草原を霧が流れて幻想的で、こんなお天気もいいもんだ〜♪ 前を進むメンバー達の赤や黄色の原色のカッパが、普段はなんてことないのに、霧のフィルター越しだと妙に感じがいい。しかし、数ヶ月のブランクのせいで息は上がるけど足は上がらない。先頭集団が停滞してる所にヨロヨロと這い登り、ここがピークかっ!へばる直前に着けたじゃん!・・・でも、ここはダミーで、本当のピークには、あと15分ほどの急登だそうな。
それでもなんとか頂上を極めましたヨ!1500m!!この山は全体に草原で、九重連山から阿蘇まで見渡せるのが売りです。が・・・ガスでなーんも見えん!・・・いいんだもん、景色なんか何も見えなくても、マツムシソウのお花畑でお弁当を開く贅沢が味わえたんだから。マツムシソウとママコナ、アキノキリンソウ、そして、初めて出会ったシラヒゲソウ。ウメバチソウが花期が長いのに対して、こちらは10日ほど。だから、出会えるのは超ラッキー!こんなお天気に登ってきた私(達)への、自然からのご褒美(?)です。
携帯で花々の写真を写したものの、全部ピンボケ。団体登山だと、ちゃんとしたカメラで写真を撮ってると置いてかれちゃうし、そろそろ山行スタイルを考えなきゃいけないなぁ〜

そして、山から戻ってからの仕事・・・昨夜、ドロドロのまま放置した、トレッキングシューズとストック、カッパの手入れ。雨に濡れたザックを陰干し。山のような洗濯物。

20060911tozanngutu.JPG
これら全て、半日がかりで終わらせて、午後から整形外科にリハビリに行ってきました。山道はなんてことなかったんだけど、最後の舗装された林道歩きは、ちょっとこたえました。下山して、じっくり温泉に入ったんだけどね〜 温泉を出てから、併設の物産館で、近辺で採れた山栗をゲット。さっき、夕食後にいただきましたが・・・おいしかった〜♪・・・秋ですね〜♪

20060911kuri1.JPG
posted by ruby's paw at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜!(^・^)
乾してる靴で どんな登山だったか想像できますね〜
お疲れ様でした♪
でも体は疲れたでしょうが 脳内&内臓リニューアルでしょう?(^◇^)

で、山のガスも みんながいれば怖くないし、いいもんですよね。
シラヒゲソウは こないだ山野草店で買おうかどうか迷った1品です(笑;)
山でそんな花たちに出会えるのは ほんとうに嬉しいですよね〜!

栗 もうそんな季節なんですね〜
Posted by 0-chan at 2006年09月12日 00:43
火山灰地だから、真っ黒の土が雨でぬちゃぬちゃ。
で、それが全然落ちないんです〜
汚れるバイトに汚れる遊び。汚れるの嫌いなのにぃ〜

自然に身を任せて、気分一新です。

シラヒゲソウは、花弁のフリフリが繊細で、
一度見たら忘れられない花ですね。
プラントハンターじゃないけど、種を採りに行きたい!
でも、どこにあったか、もう分かりませ〜ん。

山栗は珍しいと思って買ってきました。
小粒だけど美味しかったですよ〜♪
秋の山の恵みですよね。
Posted by ruby's paw at 2006年09月12日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック