2007年05月01日

春を味わう

自分で採ってくる(最近はとんとご無沙汰)なり、いただくなりで、ここ数年、この時期の食卓には必ず上るタラの芽のてんぷら。先日も立派なヤツをもらって、早速、昨夜、賞味・・・おいしかった♪大皿山盛りを、食べきれるかしら---杞憂でした---と言いつつパクパク・・・(*^^*)
残念なのは、自分でタラの芽を採りにいく時間が作れないこと・・・ワラビ&ゼンマイ採りもここんとこ縁遠くなってて、自称「山菜採りプロフェッショナル」の私としては不完全燃焼なこの頃・・・(=_=;)

20070430_3887.jpg
タラの芽

このタラの芽と一緒に、山椒の葉の佃煮(手作り)もいただきました♪これ、山椒のピリッとした辛味がご飯に最高!これだけで、ご飯何杯でもいけそう・・・っつうか、いけましたっ!!

20070430_3903.jpg
山椒の葉の佃煮・・・器は、我が家に古くからある蓋物
posted by ruby's paw at 14:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー! もうタラの芽こんなに大きくなってるんですね〜!
ウチの周りは GW明けから始まるので
街で買い物してる時に売ってるのしか見ません;;
で、これくらい大きくなってから天ぷらで食べると 
食べ応えがありますよね〜♪ トゲもカリカリいけちゃうっ(^・^)

で、山椒の葉っぱの佃煮、こういう入れ物に入れると 
高級ふりかけ 錦松梅みたいですね〜!!

ちなみにウチの山椒の木 まだ坊主です(p_-)
Posted by 0-chan at 2007年05月02日 10:29
春の山で採れる味覚を見ると
つくづく日本で暮らしていないことを
損しているな〜と思いますよ。
タラの芽に山椒の葉っぱ
こういう物はさすがにこちらにまではやって来ません。
山椒の香り大好きなんですよね。
山椒の木欲しい〜
Posted by アップル at 2007年05月02日 14:30
◇0-chanさん
でかくなってるでしょ〜?
これは阿蘇で採ってきたそうなので、
もう、タラの芽の季節も終盤です。

タラの芽って、大きくてトゲトゲでも、
てんぷらにすると柔らかいんですよね。
タラの芽てんぷらで満腹、食べ応えありました♪

錦松梅・・・蓋物に入った姿・・・雰囲気似ちゃってる!
我が家のよっか、ずーっと高級感あるけど(笑)
こんなハイソなふりかけがあるなんて、知らなかったよ〜
ウチはもっぱら○美屋の「のりたま」です。

0-chanさんちの山椒は佃煮用?
Posted by ruby's paw at 2007年05月02日 15:59
◇アップルさん
こういう、日本限定の山のモノは、
さすがにそちらまで行かないんですね〜
アジアの食材という広い括りだと、いろいろ手に入るんでしょうけど…
よっしゃ、アップルさんとこに水遣りしに行くのは春ですね。
愛用のザックには、軽石とタラの芽と鉢植えの山椒・・・
関税で引っかかるかしら(笑)

山椒は、味と同じように香りもツーンと鼻に抜けて、
とても爽やかなんですよね。
生の葉っぱをパンパンて叩いて、竹の子や椎茸、
人参なんかの炊き合わせの上に乗せると、たまりません
・・・あ、これ以上書いたら、
アップルさんを刺激し過ぎてしまいそう。
Posted by ruby's paw at 2007年05月02日 16:18
ウチの庭の初期のものは 実家から分家してもらったのが半分ほどあって
その中に 山椒の小さな苗木が数本ありました。
関西にいた頃は タケノコが出る季節に
山椒の葉っぱをすり鉢で擂って作る 木の芽和えが好物で
こちらでも!と思ってたんですが
こっちは 標高高くて 具になるタケノコ出やしないっ!!

なので ちょっとお客さんが来た時に飾りで使うか
今新たに朝倉山椒の苗を買って 青い実をひつまぶしに入れて食べようと
企んでいます(^◇^)
Posted by 0-chan at 2007年05月02日 23:54
山椒はご実家からの持ち込みだったんですね。
ウチでは時々鳥さんが植えてくれます。
でも、そのままだとどうも場所がまずく、
移植するんですが、
たいてい枯れてしまいます。
で、やっと根付いた一本も、
アゲハチョウの幼虫に丸坊主にされて、
もう、山椒の自宅調達は諦めました。

高級品の朝倉山椒を、採りたてで使えたら、
贅沢ですよね〜
Posted by ruby's paw at 2007年05月04日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック