2007年06月23日

空き地にて

少しだけ持ち直したお天気なのに、予報では明日からまた雨・・・梅雨だからしょうがないかぁ〜(T_T) 
チョウ達も、雨の降らない貴重な時間をめいっぱい利用して、近くの空き地のヒメジョオンで蜜を吸っていました。

20070623_3968.jpg 20070623_3996.jpg 20070623_4006.jpg
左・中・・・ヒメアカタテハ 右・・・ベニシジミ

どのチョウも翅を立てた姿が美しく、その瞬間を捉えようとヒメジョオンの中に佇んでじっと待つと・・・すぐ側まで飛んできてくれます・・・装着してた望遠レンズだとピントが合わないほど近くに…(-_-;)

チョウは詳しくないので、名前が違っているかもしれません。ご指摘いただけると幸いです。
posted by ruby's paw at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | チョウやトンボたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蝶々もさることながら こういう画像を見ると
いつも見直すのがヒメジョオン!
花としては「雑草じゃんっ」くらいの認識しかない私ですが
こうして 蝶と一緒に写る花姿は とっても繊細な花ですね〜♪

全体に引いても 肉眼だと雑草の空き地なんでししょうけど^_^;
こうしてヒメジョオンが咲き広がる背景は
なんだか花園めいて シアワセの花畑に見えますワ。。。
Posted by 0-chan at 2007年06月24日 00:15
ヒメアカタテハ(Cynthia cardui)とヒメジョンの花良いコンビネーションですね。
何処かで見たことあると思ったら
つい最近山で見かけました。
学名つなぎで調べたらやはり同じ品種で
こちらではPainted Lady と言う名前で全米に居るようです。

因みにベニシジミ( Lycaena phlaeas)の方も広く分布しているようです。
英名はAmerican Copper。
Posted by アップル at 2007年06月29日 00:15
◇0-chanさん
しばらくすると刈られてしまう空き地のヒメジョオンですが、
蜜に誘われるチョウと、とてもステキな景色を作り出してます。
私もチョウそのもののよりも、
ヒメジョオンとの組み合わせがいいな〜と思って、
この三枚の画像はノートリミングにしたんですよ〜
Posted by ruby's paw at 2007年06月30日 16:00
◇アップルさん
ヒメアカタテハもベニシジミも、
そちらで見かけることができるんですね〜
ヒメジョオンも北米からの帰化植物ですし、
それでチョウと花の取り合わせが、
しっくり納まりがよかったのかしら〜?
Posted by ruby's paw at 2007年06月30日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック