2018年10月28日

曙草

だれが名付けたのか、とっても素敵な名前のアケボノソウ。今年は酷暑でダメになっちゃうかと思ったけど、なんとか花が見れました。花が咲いた株は枯れ、こぼれた種から苗が育って、花が咲くのは再来年。来年は一昨年の種からの苗が咲いてくれるはず。

2018-10-28 021.png
アケボノソウ
posted by ruby's paw at 19:23| Comment(2) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
咲いたね!良かった。
種確保は、貯金のために頑張ってみます。
北海道じゃ自生しているらしいが、見たことが無いのよ〜。
見逃してるだけかも、だけど。
Posted by いくら at 2018年10月29日 10:05
ショボいなりになんとか。
ショボくても種はわんさとできるから一応安心。
でも、貯金があればもっと安心(笑)

うん、自生してるみたいだね〜
花の時期が短いから、見つけるのが大変なのかも?
Posted by ruby's paw at 2018年10月29日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。