2019年07月22日

ノースリーブ・ノーカラーのブラウス

前作のワンピ、首周りと腕周りの空き具合がちょうどよくて、ちょっと手を加えて型紙を作り、ブラウスにしてみました。後ろボタンが好きなんだけど、身体がバキバキで手が回らない。身支度を手伝ってくれる小間使いはいないし、家人はいるけど、アメリカのドラマに出てくるような、ドレスの後ろのファスナーやボタンを留めてくれるダーリンはいない。てことで前ボタンにしました。もったいない精神発揮したら生地がおソロになっちゃった。ごめんよ〜"ユ〇ク〇"着てても"し〇む〇"着てても、街中歩いててよそ様と被ったことはないから大丈夫っしょ!←だれに言っとんじゃ(笑)

2019-07-22 015.png

・・・隙あらばかけちゃん・・・
posted by ruby's paw at 16:32| Comment(2) | 針仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涼しげだね。
私を、小間使いに雇ってくれませんか?
暑さにやられて、即刻ごめんなさいだと思うけど(笑)

私は、恥ずかしくて、ノースリーブもハーフパンツも、身につけられませんわ。
暑さには勝てないかな〜?

こちらまだ、暖房が入ってます(爆)
Posted by いくら at 2019年07月23日 09:57
恥ずかしいなんて言ってられないっす!
公序良俗に反しない範囲でなるたけ涼しく…これが大事!

いくらしゃんの猛暑修行と私の厳寒修行、
どっちが粘れるかの?
それはそれとして、
メイド服姿のいくらしゃんを想像しちまったぞい(笑)

暖房って…そちら氷河期っすか?(笑)
Posted by ruby's paw at 2019年07月23日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。