2007年07月20日

ニイニイゼミ

見たことがない小さめのセミが、ヤマボウシの幹にへっついてます。調べてみるとニイニイゼミが一番近そう。今までアブラゼミのジーッジーッという鳴声の、高音部と思っていた音がこの方の鳴声のようです・・・色もグレーで、ヤマボウシの木肌に見事に溶け込み、これぞ保護色。

20070720_4283.jpg 20070720_4284.jpg 20070720_4291.jpg
ニイニイゼミ
posted by ruby's paw at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウやトンボたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さい頃兄貴のセミ撮りに良くくっついて行きましたが、
セミを捕まえた時のあの思わぬ力強い反撃が苦手です。
このニイニイゼミの保護色、見事です。
何処にいるか探しちゃいました。
声はヒグラシが一番好きかな〜。
Posted by アップル at 2007年07月21日 12:33
夏の夜に、開けた窓から侵入してきたセミを、
捕まえて外に戻してあげようとするんだけど、
あの手に伝わる動きはすごいですもんね〜

私はニイニイゼミ初見なんですが、
このセミは農村・低い山・果樹園、
市街地では社寺林や大きな公園で見られるそうです。
クマゼミやアブラゼミに押されて、
個体数が減少しているんですって。
小型だし鳴声も控えめだし、かわいいセミです。
忍者かと思うくらい木肌になりきってるってスゴイですよね〜

そうそう、ヒグラシのカナカナはいいですよね〜(^^)
朝と夕に、背後の山から聞こえてきます♪
Posted by ruby's paw at 2007年07月22日 16:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック