2007年07月29日

ちょっと山まで

投票に出たついでに山まで車を走らせてもらいました。山といっても、私がかつてフィールドとしていた、標高600mくらいの、ブログでお天気の様子の引き合いにいつも登場してもらっている低山。暑いので、歩いて登るなんて問題外。車で頂上直下まで行っちゃいました。

20070729_4390.jpg
頂上の神社の前におわす役の行者

あ・・・いきなり頂上の画像を貼ってしもうた・・・では、時計を逆回転させて、途中の、車を止めて写した野の草花を・・・(;^_^A

20070729_4371.jpg 20070729_4379.jpg 20070729_4381.jpg
左・なんだろう? 中・ゼンマイ 右・ウバユリ
20070729_4387.jpg 20070729_4388.jpg 20070729_4389.jpg
左・エゴの実 中・センニンソウorボタンヅルのつぼみ 右・オニドコロorカエデドコロ

駐車場の側にノリウツギの白い花が咲いていました。そこにチョウが集まっています。大きくてキレイなチョウでした。調べてみると、な、なんと、写したいと思っていたアサギマダラのよう・・・アサギマダラは渡りをすることで有名なチョウ。今頃中九州にいるということは・・・北に向かう途中?それとも南下の途中?

20070729_4419.jpg
アサギマダラ・・・ノリウツギがお気に入りのようで、かなりの数が、それも長時間停滞

頂上を極めて自販機の飲み物で咽を潤し、さて、階段を下りて駐車場まで戻ります。その道すがらのノリウツギにもしっかとアサギマダラの姿。ここでは、↑の写真を撮った時にアサギマダラと一緒にいたものの、うまく写せなかったイシガケチョウの姿も捉えることができました♪

20070729_4425.jpg 20070729_4407.jpg
左・アサギマダラ 右・イシガケチョウ

番外は道端でもがいていたセミ・・・草の中から拾い上げて側の草に止まらせてあげようとしたら、元気に崖の上まで飛んでいきました・・・よかった〜〜ヒグラシのようです。

20070729_4423.jpg
ヒグラシ?

自然豊かな場所が、我が家の近くに残っているのはとてもラッキー(^◇^)〜♪ チョウの写真をしこたま写せた家人も大満足!惜しかったのはガスってて、遠景が殆どきかなかったこと・・・それはまたこの次ですね〜(^o^)
posted by ruby's paw at 18:02| Comment(4) | TrackBack(0) | チョウやトンボたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全体に 鬱蒼とした薄暗いほどの森と山道があるんだな〜って
rubyさんが移してきた草花で 想像しました。
ゼンマイって葉っぱが開くとあんな風になるんですね〜!

。。。。ごめんっ 急にすごい通り雨雷が;;;;
電源切ります! また寄りますワ(>_<)
Posted by 0-chan at 2007年07月30日 14:38
アサギマダラの羽根はもちろんのこと美しいですが
イシガケチョウの羽根の模様もなかなか大胆なデザインですね。
この時期はやはりアサギマダラは北上中ではないですか?
九州の中でも阿蘇の山などで夏を過ごす個体もいるのではないかしら?
Posted by アップル at 2007年08月01日 14:49
◇0-chanさん
夏の九州の低山は、
踏み込むのが恐ろしいくらい草木の勢いが盛んです。
なので、車道からばかり写しました(^^;)
ゼンマイは後処理が面倒なせいか、
結構採られないで大きくなってますよ〜
Posted by ruby's paw at 2007年08月02日 18:14
◇アップルさん
イシガケチョウは、初めてお目にかかりました。
ユニークな模様ですよね。
見た目が地図に似ているので、英名はCommon Mapというそうです。
そちら北米にもいるのかしら〜?
ちなみにタテハチョウの仲間だそうです。
アサギマダラは「渡り」もそうですが、
その美しい姿も魅力で、
出会えるとうれしいチョウの一つです。
飛び方もフワリフワリと優雅でした。
おっしゃるように、
涼しい阿蘇辺りで夏越しするグループがいるかもしれませんね。
Posted by ruby's paw at 2007年08月02日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック