2008年04月20日

春は駆け足で

足音が聞こえるような気がするほど、春は駆け足で進みます。先日の雨の後、植え込みのツツジの緑一色に、花色の彩が添えられました。コデマリもヒメウツギも小さな花を満開にして、オダマキは今が見頃。春の日差しは柔らかく、咲く花たちに優しく注ぎます。

20080418_6181.jpg 20080420_6197.jpg
左・ツツジ 右・コデマリ
・・・ツツジの撮影は4/18・・・
20080420_6203.jpg 20080420_6195.jpg
左・ヒメウツギ 右・オダマキ
posted by ruby's paw at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
rubyさんちの生垣のツツジって みんなこの色なんですか??
以前お庭の引きを見せてもらった時、
これは年月がかかったお庭だから、
白好きrubyさんでも 春は抗いようのないツツジピンクに
攻め込まれてるのかと思ってました(^^ゞ
真っ白のツツジだと 少し冷たい感じがしますが、
この優しいピンクと白のグラデーションだと、
庭がほんのり光が増した やさしい感じになってるでしょうね〜(*^。^*)

rubyさんちから頂いたオダマキ シッカリした株になって出てきました。
今年ますます楽しみです♪
Posted by 0-chan at 2008年04月21日 07:54
それがですね〜ツツジの植え込みはみ〜んな白なんですよ〜(笑)
このピンクは、たまたま紛れ込んだ一株でして、
植木屋さんが、白に替えましょうか?と言ったんだけど、
優しい色合いなので、そのままにしてるヤツです。
白の中にポツンとこのピンクがあるのも、
なかなかオツなもんです←自己満足(^^;)

オダマキは、0-chanさんちにすっかり馴染んだんですね。
花いっぱいつけてくれるといいですね〜♪
Posted by ruby's paw at 2008年04月21日 13:27
白いツツジの生け垣なんて
なんと素敵なんでしょう!
以前白いランドスケープローズで
庭をぐるっと囲みたいと思ったことがありますが、
穴を掘る労力があまりの面積に及ぶことに恐れをなして
断念したことがあります。
生け垣は絶対将来の日本での庭に欲しいアイテムです。
rubyさんは生け垣をどういう形に刈り込んでいますか?

ヒメウツギもコデマリもほんと優しげで
同属の花がこちらにもあるのに
何て雰囲気が違うんだろうかと感心します。
家でもこちらの自生の赤いオダマキ
(ワイルドコロンバイン)がポットの中で咲き始めました。
(山より少し早めです)
Posted by アップル at 2008年04月21日 23:13
ごめんなさい・・・生垣じゃなくて、植え込みなんです。
空間を仕切ってるので、生垣に近いと言えば近いですね〜
高い木の周りに帯状にツツジを植え込み、
庭の中央に向かって低くなるよう
腰の高さくらいで傾斜をつけて(植木屋さんが)刈り込んでます。

ツツジもボックスに刈り込んで生垣にしてるとこもあるんですね〜
私はドウダンを生垣にしたかったんだけど、
我が家には家を建て直す前からのサザンカの生垣があるんです…(+_+)
でも・・・いつか・・・(笑)

そちらではナーセリー育ちもがっしり元気印ですものね。
そういうところに文化の違いを見るのもおもしろいです。
ワイルドコロンバイン、見に行きま〜す(*^^*)
Posted by ruby's paw at 2008年04月22日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック