2008年04月23日

雨降る庭

静かな雨の静かな庭。葉っぱを展開したヤマボウシには、緑色のちっちゃな総包片が見えてきて・・・満開のヒメウツギは、花の重みと雨の重みで通路に被さるように枝垂れ、木の枝に下げた紅花のセッコクは色深い。お天気がよければ、植え込みや草取りと、庭をあちらからこちらへ、慌しく一日が過ぎるけど、雨の日、こんなふうにボーッとゆっくり庭を眺めるのもまたいいもの…(^^)

20080423_6287.jpg 20080423_6305.jpg 20080423_6301.jpg
左・ヤマボウシ 中・ヒメウツギ 右・セッコク(青軸紅花)
posted by ruby's paw at 15:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨に打たれる姿も 更に魅力をアップさせますね〜!
ウチのヤマボウシも そろそろこうあってほしいもんだわと
羨ましく見ちゃいました(^・^)
で、さすがrubyさんちの砂利!(砂利まで誉めてる私;)
いやマジで、こうしてると白の花が汚れずに、
地面に少ししなだれた姿が 艶に見えますネ(*^。^*)
Posted by 0-chan at 2008年04月24日 07:45
ヤマボウシを植木屋さんに入れてもらった時、
ヤマボウシは大きくならないと花つきがよくないと言われました。
ここ数年で、やっとこれだけ花が期待できるようになりました(^^;)
木は目に見えてなかなか大きくならないので、
待ち遠しいですよね〜

いや、砂利、マジで褒めてもらってウレシイです(*^^*)
ほんとに花の顔が汚れないし、
水に濡れたグレーの砂利と白い花との取り合わせは、
雨の日の楽しみになってます(^^)
Posted by ruby's paw at 2008年04月24日 16:46
ヤマボウシのツンツンうらやましいです。
日本に帰っても庭の木はそんなに大きいのは入れられないだろうから、
今から木だけでも育てておきたいくらいです。
土がほっこりみえているのもよいのですが
雨でぬかるんだりはねが上がるのが難点ですよね。
それに何と言ってもニャー達の足が汚れます。
こちらは庭でもマルチがしっかりされているか芝生なので外のノラさんでも実に綺麗な足をしています。
Rubyさんちの砂利はどういうところに敷かれているのですか?
Posted by アップル at 2008年04月24日 20:57
ヤマボウシは木の姿と花が魅力ですものね。
この自然な感じは、アップルさんのお好みですよね〜(^^)

ウチの庭は、
木の下の山野草を植え込むスペースが土で、
それ以外の殆どに砂利を入れてます。
通路だけは石を貼ればよかったな〜っていうのが、
今の反省点です。
ほんとは苔庭にしたかったんだけど、
植木屋さんに本気で止められました(笑)

ドロドロのあんよ=ノラさん・・・じゃ、ないんですね〜(*^^*)
Posted by ruby's paw at 2008年04月24日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック