2008年05月03日

セッコク「京美人」と斑入りのタツナミソウ

まだ5月始まったばかりなのに、ここまで上がるかぁ〜!!な、30℃越えの今日、市の動植物園での催しに参加の、山野草の会のお手伝いをしてました。室内でも暑くてバテバテ。ゲット品はもちろんある(笑)んですが、それは次回のお楽しみ。
今日のエントリーは、昨日写していたセッコクの「京美人」---ネーミング、ベタだなぁ---と斑入りのタツナミソウ。両方とも中間色のボンヤリカラー・・・好き♪なんだな〜コレが…(*^^*)

20080502_6542.jpg 20080502_6535.jpg
左・セッコク「京美人」 右・斑入りのタツナミソウ

セッコク「京美人」は、年々花の数が多くなってて、ホクホクもの。斑入りのタツナミソウは普通種より花色が淡く、今はまだ斑がハッキリしないけど、やがてくっきりと斑が際立ってきます。
posted by ruby's paw at 22:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 庭の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京美人と言えば 着物を着た山本富士子さんが浮かぶ私;
(年 いくつやねんっ!!;)
楚々としたこの少し艶なる姿が ネーミングの所以かも知れませんネ(^・^)

それと 斑入りタツナミソウ ウチに来られてましたよネ;
冬のダメージに負けて かなり弱ってらっしゃいますが、まだ存命中です(ーー;)
この 優しげなお顔を見るためにも 少し植え替えしてみようかしらね・・・
で、ゲットの品 なあに〜〜〜???

Posted by 0-chan at 2008年05月04日 14:34
山本富士子さん・・・この言葉で連想ゲームのように、
「琴姫七変化」の松山容子さんが脳裏に浮かんできたぁ〜(^^;)
年はバレバレだから、いいもんね〜

斑入りのタツナミソウは耐寒性がイマイチだったのかも…ですね。
普通のより花が青いので、
ぜひ0-chanさんちに定着してもらいたいです〜
今度はウチの暴れん坊・・・普通種も送りましょうか?
Posted by ruby's paw at 2008年05月04日 22:38
あ・・・ゲット品・・・ココだけの話(笑)だけど、
カンパニュラの「皿ヶ峰キキョウ」を連れ帰りました〜
ブルーに目がくらみました(^^;)
それと、夏を見据えて、サギソウで〜す♪
Posted by ruby's paw at 2008年05月04日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック