2007年05月04日

鹿納山・・・アケボノツツジ

昨日、急なお誘いを受けて、宮崎県の鹿納山まで行ってきました。出発の時間がもう遅かったので、ピークを踏むことは考えず、この時期にしか見れないアケボノツツジに出会える所まで登る予定です。やはり・・・遠い・・・片道4時間以上(GW後半で車多いし)かかりました。
市内から阿蘇方面に向かい、高森から宮崎県の高千穂、そして日之影町で鹿川に沿って林道を進み、最後、未舗装の超ガタガタ道をクリアして登山口へ。途中、芽吹いたばかりの青葉と岩峰が目を楽しませてくれました。

20070503_011.jpg 20070503_020.jpg

20070503_015.jpg 20070503_013.jpg

鹿納山登山口の手前には、大崩山登山口の標識・・・大崩山は岩の景観とアケボノツツジで人気のある山と聞きます。この日も車が何台も止まっていました。が、まずは目的地の鹿納山へ急ぎます。
登山口は河原のすぐ横(写真撮るの忘れました)にあり、急な登りをしばらく続けると、アケボノツツジが目に飛び込んできました。この花に会いたかった!5月の優しい光を受けて、「曙」と形容されるピンクの大ぶりの花が、微風にひらひらと花弁を揺らしています。

20070503_010.jpg

20070503_005.jpg 20070503_009.jpg

すぐ側ではムシカリが、梢の先で白い装飾花を広げています。

20070503_035.jpg

花に釣られて上へ上へと登ってしまいます・・・でも、もうタイムリミット。すれ違う登山者に、山頂近くのアケボノツツジはまだつぼみと聞いて、この辺りで下山することに…
もう一つ、出会いたかった花・・・ミツバツツジ・・・こちらは林道の崖にしがみつくように生えていて、花でいっぱいの枝を垂らしていました。この紫色の小ぶりの花とは、一年ぶりの再会です。

20070503_023.jpg 20070503_029.jpg
posted by ruby's paw at 17:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

霧立越(きったちごし)

3連休の最終日は、紅葉を求めて、念願の霧立越縦走でした。
九州脊梁山地を構成する山々のうち、北から小川岳・向坂山・白岩山・扇山と続く尾根筋は、その昔、熊本県の馬見原から宮崎県の椎葉村まで、生活物資を馬の背に乗せて運んだルートで、これを霧立越と呼んでいました。平家の落人が椎葉村に入った道ともいわれる、ロマン溢れるルートです。ちなみに、ほぼ県境と重なる高岳〜国見岳(私のお気に入り1)〜五勇山のルートは、向霧立越(むこうきったちごし)と呼ばれるそうです。
で、話は元に戻って、昨日は、その霧立越のメインルート(およそ12km)---白岩山〜扇山---を歩きました。では、目にした紅葉を…

20061105kouyou1.jpg 20061105kouyou2.jpg
20061105kouyou3.jpg 20061105kouyou.jpg
続きを読む
posted by ruby's paw at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

秋晴れの古処(こしょ)山

前回の湧蓋(わいた)山は雨。今回の古処山は晴れて欲しいと願ってたら、もうこれ以上はないというお天気に恵まれました。台風13号のせいで、登山当日の10月8日に延期になった地元の秋祭りの影響で、早朝、集合場所までのタクシーがつかまらないというアクシデントはあったものの、気持ちのいい朝日を浴びて、バスは高速に乗って一路福岡方面に。
続きを読む
タグ:登山 古処山
posted by ruby's paw at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

霧雨の湧蓋(わいた)山

日曜日、久しぶりに山に行ってきました。九重連山近くの独立峰、湧蓋山です。筋湯から登ってハゲノ湯に下るコースで、目的は秋の草花。あいにくのお天気でしたが、たくさんの花に出会えました。
しょっぱなから雨で、こりゃぁ、へたすると麓の温泉でプチ湯治---足の筋肉を傷めて整形外科通いだし、それもまたいいか(そんな状態で、普通、山登りするかぁ?)---ってことになるやも・・・だったんですが、登山口に着くと、だいぶ雨が弱くなってきました。カッパは必須です。背丈ほどあるミヤコザサやススキを掻き分けて進むと、サイヨウシャジンやワレモコウ、それにサワヒヨドリなどが出迎えてくれます。ぬかるんでる足元に注意力80%、残りの注意力を草花に集中させます。草原を霧が流れて幻想的で、こんなお天気もいいもんだ〜♪ 前を進むメンバー達の赤や黄色の原色のカッパが、普段はなんてことないのに、霧のフィルター越しだと妙に感じがいい。しかし、数ヶ月のブランクのせいで息は上がるけど足は上がらない。先頭集団が停滞してる所にヨロヨロと這い登り、ここがピークかっ!へばる直前に着けたじゃん!・・・でも、ここはダミーで、本当のピークには、あと15分ほどの急登だそうな。
それでもなんとか頂上を極めましたヨ!1500m!!この山は全体に草原で、九重連山から阿蘇まで見渡せるのが売りです。が・・・ガスでなーんも見えん!・・・いいんだもん、景色なんか何も見えなくても、マツムシソウのお花畑でお弁当を開く贅沢が味わえたんだから。マツムシソウとママコナ、アキノキリンソウ、そして、初めて出会ったシラヒゲソウ。ウメバチソウが花期が長いのに対して、こちらは10日ほど。だから、出会えるのは超ラッキー!こんなお天気に登ってきた私(達)への、自然からのご褒美(?)です。
携帯で花々の写真を写したものの、全部ピンボケ。団体登山だと、ちゃんとしたカメラで写真を撮ってると置いてかれちゃうし、そろそろ山行スタイルを考えなきゃいけないなぁ〜

そして、山から戻ってからの仕事・・・昨夜、ドロドロのまま放置した、トレッキングシューズとストック、カッパの手入れ。雨に濡れたザックを陰干し。山のような洗濯物。

20060911tozanngutu.JPG
これら全て、半日がかりで終わらせて、午後から整形外科にリハビリに行ってきました。山道はなんてことなかったんだけど、最後の舗装された林道歩きは、ちょっとこたえました。下山して、じっくり温泉に入ったんだけどね〜 温泉を出てから、併設の物産館で、近辺で採れた山栗をゲット。さっき、夕食後にいただきましたが・・・おいしかった〜♪・・・秋ですね〜♪

20060911kuri1.JPG
posted by ruby's paw at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

実験中

今日の外出の目的はこれっ!これが欲しくて、いつも行ってる山道具屋さんにオーダーしてました。で、どんな使い方をするのかといいますと---お店でも聞かれました。山で使うにはちょい小さいだろうと---スーパーで売ってる袋入りのカキ氷をバラして入れてくんです〜♪ で、バイト先の休憩時間に、それ食べるんですね〜♪ 断熱マグの口が広いってとこがミソです。どんなバイトか?ですって?・・・それはナイショ。

ただ今、どれくらいもつか、実際にカキ氷を入れて実験中。そこそこもつなら夏山でも使えるよねっ!頂上で最高の景色見ながらカキ氷が食べれるゾ!!

20060618thermos.JPG
ケータイマグ・・・フンパツしてハンディポーチ付き
posted by ruby's paw at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

春山シーズン到来

19日、およそ3ヶ月ぶりに山に登りました。霧島山系の夷守(ひなもり)岳です。生駒富士といわれる円錐形の山で、その稜線の一辺をひたすら登ります。つまり、かなりきつかったってこと!最初っから稜線だから、やたら風が強く、結構さぶかった〜。立ち木につかまり、岩をよじ登りと、かなりの運動量だったはずなのに、汗ひとつかかないで頂上に立ちました。まだ冬の装いを解いてない木々の中で、満開のマンサクがとてもきれいでした・・・っつうか、コケないように下だけ見て歩いてたんで、休憩の時、初めて上を見て、満開のマンサクが目に飛び込んできて感動したってのが正確かな。いや〜それにしても、お天気がよかったのがなによりです。去年の11月、九重連山の稲星山は、雷雨のため自然歩道めぐりに変更されたし、12月の小川岳じゃ暴風雪で、あとちょいで頂上ってとこで泣く泣く撤退しましたからね〜。夷守岳の頂上から、高千穂の峰、韓国岳、新燃岳の山並みを眺めつつ、おいしくお昼をいただいて帰路に…。しかし、こんな急なとこ登ったんかい!って感じで、帰りは膝ガクガクでした。

20060321ツガ.JPG 夷守岳から拾って帰ったツガの実
posted by ruby's paw at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

忘年会

今日は山の会の忘年会でした。おおいに飲んで食べて、あの時はずぶ濡れになったの滑った転んだのと、めちゃくちゃ盛り上がりました〜。また来年も楽しい山行ができますよ〜に…。
会場は拠点としている樹木園ですから、お礼の意味を込めて落ち葉掃除のボランティアをしました。その時、赤い実に目がとまり写真に写してきました。木の名前はサンシュユだそうです。

20051223監物台サンシュユ.JPG サンシュユ(監物台樹木園)
posted by ruby's paw at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

小川岳は暴風雪だった!!

12月に入って急に忙しくなり、ブログの更新が遅れちゃってます。申し訳ありません。m(_ _)m 週末更新を目標にがんばってみます。
さて、12月4日は霧立越の山、小川岳に登りました。雨or雪の予報に心重く、それでも万が一を期待して…。途中差し込む薄日に、天は我に味方したと確信!朝日に白く輝く山は、雪で薄化粧した山を歩くという、九州では稀な経験を約束してるはず…。ところが、清和村からの登山口でみぞれが降り始め、中腹でそれが雪に変わり、高度を上げると本降り…。尾根に出ると風と雪がいっしょくたになって、よこなぐりになって吹き付ける。雪って、顔に当たると痛いのね〜。ザックやカッパのフードに雪は積もるし、あっちゃこっちゃのジッパーが凍り付いて利かない!もちろん冬山装備なんてしてないから、ほぼ9合目という辺りで撤退です。でもでも、一面真っ白になった山の景色は最高でした!!カメラであの景色が写せなかったのが、とっても残念。九州では稀な---稀も稀---経験になったってことは確かです〜。

20051109山シャツ黒1.JPG 山シャツ(自作)
posted by ruby's paw at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

京丈山

昨日、九州中央山地の北端に位置する京丈山に登りました。なんせ前回の九重・稲星山が雨で不発に終わり、不完全燃焼感がぬぐえず、珍しくプライベート登山となりました。珍しついでにカメラも持っていきました。京丈山はスケールでは九重に及ばないけれど、山域の深さを感じさせます。ま、でこぼこの林道をかなり走って、やっと登山口ですから…。アプローチが比較的いい柏川のコースをとりました。山は冬枯れの装いに入ったばかりで、葉を落とした木々に混じって、最後の紅葉で燃えるようなカエデ類が目を引きます。登山道は落ち葉に埋もれ、それをさくさく踏んで歩くのは最高の気分です。自然林にはヒメシャラやブナの巨木がかなり残ってて、その大きさに圧倒されました。アセビやアブラチャンは、来年の花芽を既に用意していました。頂上の展望が開けている北面からは、稜線続きの目丸山や雁俣山が手に取るように見え、いつか縦走してみたいと思いつつ下山の途に…。

ウ.JPG ジンジソウ

20051123京丈山紅葉.JPG 20051123京丈山山頂.JPG
写真左から、名残の紅葉 山頂
posted by ruby's paw at 08:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

雨中行軍

昨朝、傘に長靴で集合場所に着いてみれば、衝撃の事実が判明!"晴女さん"が不参加!!ひぇ〜(+_+) 雨は激しく、道は霧の中、休憩所手前では雷まで鳴り出した…(○_○;) もう、車中は"山は諦め"ムード、このまま温泉になだれ込もうという、かなり早めの忘年会モード突入。
でも、いくつか登山口をやり過ごすうち、雨は小降り、雷もおさまった。やはり、ここまで来て何もしないで帰るわけにはいかない!そこで、急遽予定---予定は九重連山の一つ、稲星山でした---の変更の変更をして、長者原から牧の戸までの自然観察路を歩いて、紅葉を鑑賞することに…(^▽^) 元々、ピークハントが目的じゃなく、植物を探索してたら、たまたまピークに着いたという、自然を学ぶのが主旨の山の会ですから〜。まぁ〜雨に煙るタデ原湿原(坊ガツルと共にラムサール条約で登録されると、車中で説明を受ける)の幻想的だったこと!それに、コミネカエデ、カラマツ、コシアブラなどが織り成す紅葉のきれいだったこと!見てる方も、しっかと雨に打たれましたが…。カッパ着てても帽子からしずくがボタボタと…。
締めくくりはやはり温泉。鉄分の多い茶褐色のお湯に浸って、今回の山行を振り返り、次回の山に思いを馳せました。

山の写真はありません。雨だったから、じゃなくて、晴れててもありません。カメラは持っていくと重い。撮ってる余裕もない。そして、コケたりすると、マシンがパーになる。やはり、山は自分で体験するのがベスト!

20051105山シャツ.JPG 山シャツ(自作)
 
posted by ruby's paw at 08:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

行動食

明日は山登りの日。ザック、よ〜し!軽登山靴、よ〜し!ストック、よ〜し!お天気もよ・・・よろしくない(-△-;) 最近の予報はまず外れない。「もしかして…」の僅かな希望も持てない。しか〜し、メンバーには強力な"晴女さん"がいるんでした〜。彼女の奇跡のパワーを信じよう!ささ、行動食をジップロックに小分け、小分け…。

20051104行動食.JPG
行動食 松露(市販品)&オレンジピール(封印してた、いただきもの)
「松露」は同行者の評価が高く、行動食としておすすめ! 
posted by ruby's paw at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする